モンクールジャケットに合ったもので管理

ダウンジャケットやベストは普通の洋服と一緒で、着る頻度が高いほど内部の羽毛に汗等シミこんで内部に入ってるダウン性能を落とします。そして、保管法が適切でなければ、生田大二に来ていてもダウンジャケット状態は最悪。

ハンガーにつるすのはお手入れの基本で、つるさず床に置きっぱなしにするのは論外。

ダウンジャケットの中にあるダウンが偏ったりしますから、いくらモンクレールダウンが高品質であってダウン品質が徐々に落ちてしまいます。そしてクリーニングをお願するときついてる針金ハンガーに長時間かけるのもよくありません。これも短期的には気がつかないですが、長期で見れば型部分のかたちが適切でないようになってダウンが偏ります。

どうせ購入するならいいハンガーと言えば、イタリア高級ハンガーのマイネッティのサルトリアーレハンガー。イタリア紳士一流ブランドが採用してる物で、素材は合成樹脂で、これは型崩れを防いでスーツをきれいに保ってくれる機能以外にも吸湿性が高くて服が滑らないメリットもあります。

 

モンクレールダウンジャケットはクリーニング店にお願いすることが多い尾ですが、クリーニング店は水洗いしてるといおうことは家でも水洗いできないことはありません。

多くのモンクレールダウンの表地はナイロン素材で汚れにくくて汚れても色により汚れが目立ちにくく気がつきにくいですが、冬を越したダウンは間違いなく汚れます。襟下、手首は思ってる以上に汚れやすいところ。そしてダウンジャケット内にあるダウンも汗を吸っています。

汚れたまま来年も使うとなればシミの原因になったりして、モンクレールのダウンであってもスマートに見えなくなります。

モンクレールを着こなすためのサイズの選び方

モンクレールはフランスのダウンウエアの会社です。
防寒着専門としての機能性とおしゃれなデザインを兼ね備えた人気のファッションブランドとなっています。
日本でも人気がありますが、どのサイズを選べばいいのかわからないという方も少なくありません。
フランスのブランドだけあって、サイズ表記は日本のものとは異なっています。メンズのサイズ展開は00~7、ウィメンズのサイズ展開は00~5と数字表記になっています。モンクレールによると、日本でいうMサイズはメンズの場合「3」、ウィメンズの場合はMサイズ相当である9号は「0」とされています。
尚、Lサイズはメンズで「4」、ウィメンズは11号相当として「1」となっています。但し、これらの表記よりも大きいという意見も多く、実際には1つか2つ下のサイズを選んだという人も少なくありません。特にメンズはふだんMサイズを着る人は1を選ぶことも少なくなく、かなり違うという意見もあります。
男性の場合はスーツの上に着る場合、普段着の場合よりも大きなサイズを選ぶことになることが多いため、下に何を着るかも考えて選びましょう。女性でも小柄な方は00を着る人が多いようです。また、ヨーロッパの人は日本人よりも手足が長いことが一般的ですので、丈にも注意する必要があります。

ダウンウエアはもこもこしてしまいますし、防寒性の点でもジャストサイズがよいといわれています。初めてモンクレールのダウンウエアを買うときは試着してみることがオススメです。

買うならここ!1年保証の付くモンクレールダウン専門店

モンクレールのダウンジャケット

モンクレールのダウンジャケットと言えば高級なイメージが強くて手が出しづらいですよね。
自分がモンクレールを訪れたのは5年前の晩秋でしたね。
当時、大好きだった女性にクリスマスプレゼントにしようと思っていたんです。ただサプライズにこだわるあまりにその女性と交わして得た【好きな色】【好きな感じの形】ぐらいの情報だけを頼りに何も考えずにショップを訪れてしまったんです。勿論、『ダウンジャケットが欲しい』という話が出た時点で職場の先輩から『モンクレールが有名だぞ!』ぐらいの話は聞いていたんでモンクレールというブランドがあって、ショップが何処にあるという情報だけは集めていましたけれどね。
ショップは銀座にある店舗に行ったのですが、さすが銀座!さすがブランドのショップ!という感じで店員さんまで洗練されて丁寧で気持ちの良い対応をしてくれるショップでした。ただ、困ってしまったのは前述のとおりあまりにも彼女のサイズ等のデータが少な過ぎたんですね。日本で言うところのS、M、Lみたいなサイズではなかった気がしますが、彼女のスリーサイズ等がわからない代わりにSサイズに近いMサイズだという情報は得ており、黒か濃紺でデニムやブーツに合いそうな物が欲しいとの話だったので、そのまま店員さんに伝えたら現在の在庫から希望に合いそうな物をスグに選んでくれました。ただ、1番困ったのはそこら辺の店で売っているようなサイズとサイズの間にある余裕がモンクレールのダウンジャケットには無いんですね。
理由はダウンジャケットという衣服の性質上、暖気を逃さない為の気密性の保持が必要だからに他ならないんですが、とにかくサイズを1つ間違えるという小さくて着られない、大きくて温かさが逃げてしまう。
散々悩み、店員さんの意見を聞きつつ選んだ物はジャストサイズだったので喜ばれました(笑)サイズが合わなければ返品出来るとは言われたものの、14万円ぐらいしたので喜んで貰えなければ大変な惨劇でしたね(笑)後に知ったのは彼女の実家は日本有数の豪雪地帯である秋田だったので今でもかなり重宝しているらしく、モンクレールというブランドのダウンジャケットと知ると友達も羨ましがるらしいです。モンクレール、有名なブランドで値段は張りますが品物は確かですね。